冠婚葬祭贈り物・お返しのマナー


類別
表書き
贈り物の心得 お返しの心得
お 年 賀

御年賀
1月1日~7日迄に。女性は15日迄でも良い。年賀のお品は本人が持参し新年の挨拶と共に渡す。 お返しは不要だが、子供連れのお客様にはお年玉を渡す。お年玉袋の表書きに子供の名前を書いてあげると喜ばれる。
中 元


御中元
お世話になっている方への感謝の気持ちの贈り物。7月1日~13日迄位。もし遅れた場合は暑中見舞にし、立秋を過ぎたら残暑見舞いに。変質しやすい食料品はさける。 お礼状はすぐに出すと良い。お返しとしてするならばこちらも「御中元」として改めて贈る。
歳 暮


御歳暮
お世話になっている方への感謝の気持ちの贈り物。11月中旬から遅くとも12月中旬ごろ迄。中元よりやや高価なものを。正月の準備に役立つ食料品等の実用的な物が喜ばれる。 お礼状はすぐに出すと良い。お返しとしてするならばこちらも「御歳暮」として改めて贈る。御年賀なり別の機会をとらえてお礼をするのも良い。
結婚祝

御祝

寿
贈り物は挙式当日はさけ、式1~2ヵ月前から1週間位前迄に届ける。「櫛」「刃物」類は避ける。お祝が都合で式当日になった時、現金を祝儀袋に入れ身内の方に渡す。 「表書き/内祝」
お返しは披露宴に招待しなかったけれど結婚祝を寄せた方へ、新婚旅行から帰って1~2週間以後に。
出産祝

御祝
出産通知を受けてから1~2週間以内とするが出産経過をみてから持参。 「表書き/内祝」
お返しはお祝いを頂いた方へ出産後1か月~2か月以内が目安。
初節句
御祝
女子は3月3日前1週間迄に、男子は5月5日前1週間迄に贈る。 お返しは不要。お赤飯や紅白餅を配っても良い。
七五三の祝
御祝
11月の初めに贈る。靴・子供用ハンドバック・帽子・人形等も良い。 お返しは不要。晴着を見せに伺って千歳飴を配る。
結婚記念日

御祝
紙婚式(1年目)花婚式(7年目)水晶婚式(15年目)銀婚式(25年目)金婚式(50年目)相手の心にふれる贈り物を。 お返しは不要。お祝いのパーティーを開くのも良い。
賀 寿

御祝
還暦(61歳)古稀(70歳)喜の字(77歳)米寿(88歳)相手の方の趣味に関係した品を贈る。 「表書き/内祝」
自筆の書画を額にしたり、袱紗を特別に染めたりして贈ります。頂いた方は長寿にあやかるといわれている。
新築祝
御祝
新築後半月位に贈る。インテリアの場合は家人の趣味に応じると良い。 「表書き/内祝」
 新居に落ち着いてから早めに配る。
入園入学祝

御祝
入園・入学祝は直後に、通園通学に必要な品なども良いが、絵本や教育的なおもちゃ、図鑑セットなどの学用品等も良い。 「表書き/内祝」お返しはお礼の挨拶程度で良いが、気がすまなければ子供と挨拶に行き赤飯を配る。
弔事(仏式)
御香典

御仏前

御霊前
香典はとりあえず弔問、通夜、告別式のいずれに出しても良い。姓は水引下部中央に必ず薄墨で書く。中包みに住所氏名を。金額は裏面に書く。 「表書き/志。忌明」
お返しは香典を供えた方に35日か49日忌明け後。
病気見舞
お見舞
病状に合わせて贈る。鉢植え、椿類の花は避ける。 「表書き/内祝。快気祝」
お返しは床上げ後、1週間位後に。
災害見舞
お見舞
すぐに役立つ身の回り品、食料品、寝具、現金等を。 お返しは不要。生活が落ち着いてからお礼状を。